Skip to main content
Windows10

Windows10でWindows Searchを無効にするとどうなるか


Windows10でWindows Searchを無効にするとどうなるか

Windows Searchのインデックス機能とは?

Windows Vistaから実装された機能で、パソコンのファイル名などの情報をあらかじめ「索引」としてデータ化しておくことでファイル検索やアプリケーションの起動の高速化や全体の速度向上につながる機能です。
[参考:インデックスを使って Windows の検索を効率化する]

デメリットとしては多くのファイルがHDDなどに保存された場合は都度その処理が実行されCPUの使用率やHDDのアクセスが頻繁になるため一時的にPC全体が低速になることです。
またファイル量が多いと「索引」のファイルも多くなるため、ディスク容量が少ないPCではさらに容量が少なくなります。
HDDに比べてSSDは高速なのでインデックス機能は必要がなく、SSDの寿命を縮めてしまうため機能をOFFにする人が多いです。

管理人のPCもSSDなのでWindows Searchのインデックス機能が必要ないと思い無効にしていたのですが、
Windows10にアップグレードした直後、勝手にONになってしまうので再度OFFに設定していました。

そこで気づいたことなのですが、どうやらWindows10にしてWindows Seach機能はアプリケーションの検索機能と連動しており、OFFにしてしまうとスタートメニューから検索することができなくなるようです。
以前のOSでしたら、この機能をOFFにしていても検索などは問題ないのですが、Windows10では様々な箇所で連動してるため不用意にOFFにしてしまうと想定している機能がなくなってしまうようです。

 

 

OFFにした状態で検索に「Edge」を入力した場合
Windows Search OFF

 

 

ONにした状態で検索に「Edge」を入力した場合
Windows Search ON

 

 

Windows Seach インデックス機能のONの仕方

スタートメニューを右クリックでコントロールパネルを選択する
コントロールパネル表示

 

 

[管理ツール]を選択する
windows10 コントロールパネル

 

 

[サービス]を選択する
Windows10 サービス

 

 

[Windows Search]を選択する
windows10 サービス一覧

 

 

Windows Searchのプロパティのスタートアップの種類の選択の[自動]を選択し[適用(A)]ボタンを押します。
サービス状態の「開始(S)」ボタンが押せるようになるのでボタンを押します。
Windows  Search

 

 

これでONになります。
暫くはインデックスを作成しますのでPCは重くなります。SSDならば数十分~一時間程度、HDDならば1時間~数時間程度かかります。


Translate »