Skip to main content
Windows10

windows10で遅い場合の対処法


windows10で遅い場合の対処法

windows10にして遅いと感じる人の多くが、アップデートした後遅いと感じる人が多いようです。
windows10にアップデートした後の処理を簡単にまとめておきます。

  • 1.windows update
  • 2.windows search によるindexの再定義

1のwindows updateはwindows10にupdateしたとしても、セキュリティの脆弱性やその他のバグを修正するためにすぐに更新がなされます。
また、更新がない時でも、設定によっては自分の持っているセキュリティパッチをインターネット経由で他人に提供もしています。
windows10で新しくなった機能なのですが自分のPC端末がP2Pのノード化してしまうので知らず知らずのうちに他人に更新データを提供しています。

2のwindows searchのindex再定義はSSDのPCにはほぼ無用の長物で、設定したままだとSSDの寿命を縮めます。
windows7などで設定をオフにしていたとしても、windows10に更新時に勝手にONになってしまうようです。

 

 

通常の更新方法

window10通常ダウンロード方式

P2Pの更新方法

window10P2Pダウンロード方式

P2Pの方法だと他人にファイルを提供しているので、常にネットワークが使われているのでPC全体のパフォーマンスが低下します。
通常のダウンロード方式を下記方法にて変更できます。

 

 

windows10で遅い場合の対処法 更新設定変更

[スタートメニュー]→[設定]を開く
[更新とセキュリティ]をクリック
windows10 設定

 

 

[詳細オプション]をクリック
window10 重い場合の対処法

 

 

[更新プログラムの提供方法を選ぶ]をクリック
window10 重い場合の対処法

 

 

複数の場所から更新するの[オン]をクリックして[オフ]にする
window10 重い場合の対処法
この設定をオフにすることでP2Pでの更新はなくなります。

 

 

windows10で遅い場合の対処法 index検索機能停止

まずはコントロールパネルを開きます。
タスクバーの左にあるスタートメニューを右クリックし、コントロールパネルを開きます。
コントロールパネル表示

 

 

[管理ツール]をクリック
windows10で遅い場合の対処法 コントロールパネル

 

 

[サービス]をクリック
windows10で遅い場合の対処法 管理ツール

 

 

サービス(ローカル)の一覧にある[windows search]をクリックして開く
windows10で遅い場合の対処法 サービス

 

 

スタートアップの種類を「無効」に選択をしてOKを押す
windows10で遅い場合の対処法 サービス
これにて設定は完了です。
ただし、Windows Searchのindex無効はSSDの場合のみ有効です。HDDの場合などは設定しておいたほうがいいです。
アップデートしてしばらく遅いかもしれませんが、数時間indexがすべて作成するまで待つ必要があります。

 


コメント “windows10で遅い場合の対処法

  1. ピンバック: Windows10が軽くなった

コメントを閉じる

Translate »