Skip to main content
vmware

VMwareの容量拡張


VMwareの容量拡張

最初に設定したVMWare上の容量が手狭になってきたので拡張をします。
まず最初にVMwareの設定から容量を拡張する必要があります。

vmwareオプション

適当な容量に設定します。

vmwareオプション2

この時点では容量はまだ以前のままです。

現在の容量を確認

df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                       44G  4.6G   37G  11% /
tmpfs                 3.9G  144K  3.9G   1% /dev/shm
/dev/sda1             477M   34M  419M   8% /boot

fdiskでの確認

fdisk -l

ディスク /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 13054
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00039171

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64        6528    51915776   8e  Linux LVM

ディスク /dev/mapper/VolGroup-lv_root: 47.8 GB, 47789899776 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 5810
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


ディスク /dev/mapper/VolGroup-lv_swap: 5368 MB, 5368709120 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 652
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000

ここからが必要な設定の始まりです。
まず、fdiskでパーティションの追加をします。

fdisk /dev/sda

警告: DOS互換モードは廃止予定です。このモード (コマンド 'c') を止めることを
      強く推奨します。 and change display units to
         sectors (command 'u').

コマンド (m でヘルプ): p

ディスク /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 13054
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00039171

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64        6528    51915776   8e  Linux LVM

コマンド (m でヘルプ): n       
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 4
最初 シリンダ (6528-13054, 初期値 6528): 
初期値 6528 を使います
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (6528-13054, 初期値 13054): 
初期値 13054 を使います

コマンド (m でヘルプ): p

ディスク /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 13054
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00039171

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64        6528    51915776   8e  Linux LVM
/dev/sda4            6528       13054    52427455   83  Linux

コマンド (m でヘルプ): t
パーティション番号 (1-4): 4
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): L

 0  空             24  NEC DOS         81  Minix / 古い  bf  Solaris        
 1  FAT12           39  Plan 9          82  Linux スワッ c1  DRDOS/sec (FAT-
 2  XENIX root      3c  PartitionMagic  83  Linux           c4  DRDOS/sec (FAT-
 3  XENIX usr       40  Venix 80286     84  OS/2 隠し C:  c6  DRDOS/sec (FAT-
 4  FAT16 <32M      41  PPC PReP Boot   85  Linux 拡張領 c7  Syrinx         
 5  拡張領域    42  SFS             86  NTFS ボリュ  da  非 FS デー  
 6  FAT16           4d  QNX4.x          87  NTFS ボリュ  db  CP/M / CTOS / .
 7  HPFS/NTFS       4e  QNX4.x 2nd part 88  Linux プレー de  Dell ユーテ 
 8  AIX             4f  QNX4.x 3rd part 8e  Linux LVM       df  BootIt         
 9  AIX ブート   50  OnTrack DM      93  Amoeba          e1  DOS access     
 a  OS/2 ブート  51  OnTrack DM6 Aux 94  Amoeba BBT      e3  DOS R/O        
 b  W95 FAT32       52  CP/M            9f  BSD/OS          e4  SpeedStor      
 c  W95 FAT32 (LBA) 53  OnTrack DM6 Aux a0  IBM Thinkpad    eb  BeOS fs        
 e  W95 FAT16 (LBA) 54  OnTrackDM6      a5  FreeBSD         ee  GPT            
 f  W95 拡張領   55  EZ-Drive        a6  OpenBSD         ef  EFI (FAT-12/16/
10  OPUS            56  Golden Bow      a7  NeXTSTEP        f0  Linux/PA-RISC  
11  隠し FAT12    5c  Priam Edisk     a8  Darwin UFS      f1  SpeedStor      
12  Compaq 診断   61  SpeedStor       a9  NetBSD          f4  SpeedStor      
14  隠し FAT16 <3 63  GNU HURD また ab  Darwin ブー   f2  DOS セカン  
16  隠し FAT16    64  Novell Netware  af  HFS / HFS+      fb  VMware VMFS    
17  隠し HPFS/NTF 65  Novell Netware  b7  BSDI fs         fc  VMware VMKCORE 
18  AST SmartSleep  70  DiskSecure Mult b8  BSDI スワッ  fd  Linux raid 自 
1b  隠し W95 FAT3 75  PC/IX           bb  隠し Boot Wiz fe  LANstep        
1c  隠し W95 FAT3 80  古い Minix    be  Solaris ブー  ff  BBT            
1e  隠し W95 FAT1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 8e
領域のシステムタイプを 4 から 8e (Linux LVM) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): p

ディスク /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 13054
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00039171

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *           1          64      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2              64        6528    51915776   8e  Linux LVM
/dev/sda4            6528       13054    52427455   8e  Linux LVM

コマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。

警告: パーティションテーブルの再読込みがエラー 16 で失敗しました: デバイスもしくはリソースがビジー状態です。
カーネルはまだ古いテーブルを使っています。新しいテーブルは
次回リブート時か、partprobe(8)またはkpartx(8)を実行した後に
使えるようになるでしょう
ディスクを同期しています。

この設定をした後、リブートが必要になります。

vgdisplayでボリュームグループの確認をします。

vgdisplay -C
  VG       #PV #LV #SN Attr   VSize  VFree
  VolGroup   1   2   0 wz--n- 49.51g    0

追加したデバイスを認識させる必要があります。

vgextend VolGroup /dev/sda4
  Physical volume "/dev/sda4" successfully created
  Volume group "VolGroup" successfully extended

再度確認をします。

vgdisplay -C
  VG       #PV #LV #SN Attr   VSize  VFree 
  VolGroup   2   2   0 wz--n- 99.50g 50.00g

追加されていることを確認しましたがVGの割り当て状況をみるとまだ反映されていません。

lvdisplay -C
  LV      VG       Attr       LSize  Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  lv_root VolGroup -wi-ao---- 44.51g                                                    
  lv_swap VolGroup -wi-ao----  5.00g

ルートに対して容量を割り当てる必要があります。

 lvextend -l +100%FREE /dev/VolGroup/lv_root
  Size of logical volume VolGroup/lv_root changed from 44.51 GiB (11394 extents) to 94.50 GiB (24193 extents).
  Logical volume lv_root successfully resized

割り当てを確認したら、最終的にこの容量に変更する必要があります。

resize2fs /dev/mapper/VolGroup-lv_root 
resize2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem at /dev/mapper/VolGroup-lv_root is mounted on /; on-line resizing required
old desc_blocks = 3, new_desc_blocks = 6
Performing an on-line resize of /dev/mapper/VolGroup-lv_root to 24773632 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/mapper/VolGroup-lv_root is now 24773632 blocks long.

これで設定が完了です。
実際の容量を確認すると

df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                       93G  4.6G   84G   6% /
tmpfs                 3.9G  224K  3.9G   1% /dev/shm
/dev/sda1             477M   34M  419M   8% /boot

あとはリブートをして完了です。

 



Translate »